東京駅から30キロ圏内だけで全国の世相を読む事が出来るのかな

20代の暮らしぶり地味、貯蓄意欲は高め・日経調査 (日経ネット)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070822AT1C2100D21082007.html

最初に:
22日付の日経に載ってるという以下の記事の詳細が読めなかったので、ネット上の記事だけを読んでこのエントリを書いてます。

日本経済新聞が首都圏に住む20代の若者を対象にアンケートを実施した結果、彼/彼女らの予想以上に堅実でつましい暮らしぶりが浮き彫りになったそうです。
調査は6月下旬から7月上旬、JR東京駅から30キロ圏内に住む20代、30代の男女(日経リサーチの消費者モニター)を対象にインターネットで実施。20代1207人、30代530人から回答を得た。

JR東京駅から30km圏内に住む20代7割30代3割の対象の調査結果で『20代の暮らしぶり地味』って一般論で片付けられるものなのかなー。ましてや…

30km from Tokyo Station
30km from Tokyo Station

このエリアだけで、記事内にあるように首都圏を代表させて良いものなのだろうか。あと、

意識の大きな変化がみられたのは車への関心。乗用車を「持っている」人は20代で13.0%。2000年に質問紙に記入してもらう方法で実施した同様の調査では20代の所有率が23.6%だったのに比べ、10ポイント以上低下した。

調査方法が違うんだから直接比較は出来ないと思うけどなぁ。まあ、もちろん調査対象には住所とかいろいろな個人情報を登録させた上で調査してるだろうから他の適当なネットアンケートよりは極端な差は出ないだろうけど。

ともかく車が無くても公共交通機関がとても発達しているため困らない30km圏内と、バスが一日5便しか来ない(この例でもまだ多いか)ため、生活必需品として車が必要な場所と二極化されている事がなんか軽んじられててなんかイヤーンな感じが。

ファンタ・ゴールデンアップルと歴史認識

Fanta Golden Apple (2006)
Fanta Golden Apple (2006)

セブンイレブンで『ファンタ・ゴールデンアップル』が売っていた。この旧パッケージ風(というか『ゴールデン』が付かなければ昔売ってた『ファンタ・アップル』とそっくりなんだけど)のファンタは4月に発売になっていたのだけど、見るだけでも非常に不愉快な気分になったんで買っていなかった。

2002年に『ファンタ・ゴールデンアップル』が『新発売』されるまで、この商品については「売ってるの見たことあるからあったよ派」、「そもそも売ってなかったんだから無かったよ派」、「ファンタ・ゴールデングレープと間違えてるんじゃないの派」、「日本コカ・コーラのない(2001年まで)という回答は信じられないよ派」といういろいろな意見があったのに、『あの懐かしいデザインがよみがえる』なんてキャッチコピーで70年代風缶ボトルを売り出したのがどうも許し難かった。

まあ、飲んだら昔懐かしい『ファンタ・アップル』の味なんだけどね。

清涼飲料水一つ取ってもこんだけ大きな歴史認識のズレと分かり合えなさがあるんだから、ましてや…

って書くとなんか新聞の社説みたいですね。

車イスマークの不正使用

車椅子マーク:駐車場に健常者 苦情急増 (MSN毎日インタラクティブ)
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060307k0000m040128000c.html

健常者が『車椅子マーク』を悪用して障害者用(こう言い切ってしまうのも問題があると思うのだけど)の駐車スペースに車を止めるケースが後を絶たないそうです。

スーパーが込み合う土曜(4日)の午後、千葉県内の郊外型スーパーの駐車場で、車椅子マークを付けた車を追った。5時間で約30台が障害者用区画に止め、うち健常者らしい数台の運転者に聞いた。「足が痛い」「家族に外見で分からない障害がある」などと答えた人を除き、2台は障害者が乗っていないことを認めた。

うち1台は若い女性の2人組。「(車椅子マークは)おしゃれで付けてます。ごめんなさーい」と笑って、店内に駆け込んだ。また、子どもを連れた女性は「足の悪いおばあさんがいる。今は乗せてないけど」と言って、車で走り去った。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060307k0000m040128000c.html

以前…2年以上前ですが、「『身体障害者標識』(青地に白で四つ葉のクローバーが描いてあるマークです)って認知度低いんじゃない?あと、車イス駐車場に駐車する健常者はなんだかなぁ」みたいな事書いたのですが、さらにひどい事になってるなぁ。この記事が事実であるなら。ぐぐったら車に付ける車イスマークを注意書き無しで売ってる通販サイトとか結構あるからね。

理性とかに期待出来ないなら、『障害者用ナンバープレート』を発行するとか、法的にマークの使用を規制するしかないのかなぁ…と思ったのですが、後者に関しては先に述べた『身体障害者標識』がそれに当たるみたいです…ってことで以前の記事に書いた「認知度薄いなぁ」って話に戻るのですが。

って事で引用元が分からなくなってるので、自分の過去記事から引用。

車イスマーク
車イスマーク

正しくは「国際シンボルマーク」と言います。障害者が利用できる建築物、施設であることを明確に示す世界共通のシンボルマークの事です。

それと、2002年6月1日から導入された「身体障害者標識」というのの認知度も薄いですよね。

身体障害者標識
身体障害者標識
肢体不自由であることを理由に免許に条件を付されている運転者は、普通自動車を運転する場合に、その肢体不自由が普通自動車の運転に影響を及ぼすおそれのあるときは、身体障害者標識を表示して普通自動車を運転するように努めなければならないこととされました。

このクローバーマークって2001年に公募で決められたそうなんですよね。なんでよく知られている車イスマークを使わなかったんでしょうか…なんかいろいろあるんでしょうかね。

ネタ元:
【社会】 「オシャレでつけてます。ごめんなさーい」 “車椅子マーク”不正使用で駐車、苦情増加
(2ちゃんねる ニュース速報+板)
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141695867/
【社会】 「オシャレでつけてます。ごめんなさーい」 “車椅子マーク”不正使用で駐車、苦情増加★2
(2ちゃんねる ニュース速報+板)
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141704123/
【社会】 「オシャレでつけてます。ごめんなさーい」 “車椅子マーク”不正使用で駐車、苦情増加★3
(2ちゃんねる ニュース速報+板)
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141719799/

参考:
Drew’s US / Canada Handicapped License Plate Collection
http://www.pl8s.com/checklist-wheelchairs.htm
北米ほぼ全州の車イスナンバープレートの写真です。

参照:
「車イスマークと身体障害者標識 (EL30.net 2003/12/07)
http://el30.net/20031207002821

中心街の緩慢な衰退

丸井今井再建案 札幌、函館、旭川店を存続 釧路など閉店も検討
(北海道新聞)

札幌に本店を持つ丸井今井が経営再建のため、赤字の釧路、苫小牧、小樽の三店の閉店も視野に入れて検討を進めるそうです。

小樽、苫小牧、釧路の三店は売り場面積が一万-一万三千平方メートル強と百貨店としては規模が小さく、年間売上高も四十八億-五十七億円と収益貢献度が低い。小樽店は買い物客の札幌流出、苫小牧店はイオンの巨大ショッピングセンターの進出、釧路店は中心市街地の衰退-など、それぞれ立地面の不利を抱えている。

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/backnumber.php3?
&d=20050424&j=0024&k=200504245758

札幌、旭川、函館の三店は残し、室蘭店は赤字だけども経費削減で黒字になる余地があるそうで保留だそうです。

釧路の場合、80年代以降櫛の歯が抜けていくように中心街(北大通と呼ばれてますが)の大型店舗が消えて行きました。オリエンタルプラザみたいに飲み屋ビルになったのはまだいい方で、KOM(旧・くしろデパート)はテナントビルになるもかなりの店舗が撤退、リビングヤスモト、丸ト北村、OKUNOは空きビルで、週末でも日中の中心街の人影は、この街に20万人弱も住んでるのかといった感じです。

今、丸井今井釧路店となっている店舗も10年ほど前までは丸三鶴屋という名前で知られていた地元のデパートだったのですが、例によって経営不振のため、丸井今井に吸収(でいいのかな?)されたのですが、衰退にブレーキがかからず今回のような事態になったのかな。

まあ、70年代中盤以降本州の大型店が進出して、郊外に出来たジャスコとポスフール(旧サティ)がとどめを刺したという考えもあるけど、主要産業である炭坑と水産業が衰退してしまったのが大きいのかも。

まあ、経済のジャスコ化は全国各地で起こってるけど、その極端な例ではありますな。個人的にはそーゆー経済効果云々を抜きにすると、ジャスコやポスフールは便利でいいと思うのですけどね。

ところで翌日の北海道新聞の記事を見ると…

丸井今井100億円投資 存続3店が3年間で食品、ブランド強化
(北海道新聞)

丸井今井(札幌)は二十四日までに、本州大手百貨店と金融機関による支援を前提に、二○○八年一月期までの三年間で、札幌本店と函館、旭川両店を対象とした総額百億円規模の設備投資計画をまとめ、取引金融機関などに提示した。投資額の約六割を札幌本店に投じ、高級ブランドショップ、食品、紳士などの売り場を強化し、集客力を高める。

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/backnumber.php3?
&d=20050425&j=0024&k=200504255968

「検討を進める」どころの段階じゃないような_| ̄|○

参照:
丸井今井釧路店大通館撤退 (EL30.net 04/04/24)
丁度一年前に、こんなエントリー書いたのですが、想像を遙かに上回るスピードだなー。

ちなみに、去年の春のある日曜日に撮影した北大通はこんな感じになってます。

続きを読む 中心街の緩慢な衰退

乾電池風になったジョルトコーラ

JOLT
(joltcola.com)

日本でも以前発売されていたジョルトコーラが、20周年を記念して新型パッケージを導入したそうです。

Jolt Cola 2005
Jolt Cola 2005

なんというか、デュラセルの乾電池みたいなカラーリングになっていますね。ジョルトコーラの売りは『カフェイン2倍』という事なのですが、このパッケージでもちゃんと『CX2』とその旨表示されています。

パッケージによって味が違うのですが、特に黄緑色の『ジョルト・ウルトラ』がすごい。ノー炭水化物、ノーカロリーでありながらタウリン、ガラナ、朝鮮人参、ビタミンBが含まれてるという事で、ほとんどエナジードリンクになってますな。そういえばコカコーラで出てたスコーピオンってすぐ消えましたねぇ。

ネタ元:
米Jolt Cola 新型パッケージを導入 (コーラ白書)

丸井今井釧路店大通館撤退

大通館は売却か賃貸 (釧路新聞)

丸井今井釧路店は、買い物客の利便性の向上、収益の効率化を理由に北大通に面した大通館の売り場を新館に集約する方針を固めた。店長は「大通館は売却か、貸し出すことになるが、具体的には白紙。できるだけ、空き店舗とはならないようにしたい」と売り場集約の時期については未定とした。

『釧路新聞』より引用

うーん……大通館は丸三鶴屋時代『本館』と呼ばれ、婦人服、食料品関係以外の売り場があったのですが、やっぱり老朽化とか効率が悪いとかでダメなんですかね。「空き店舗にしないようにしたい」とは言うものの、空き店舗がたくさんある北大通で新規に入るテナントもあるわけもなく。さらに空洞化は進みそうですね……

釧路ステーションデパート閉店へ

釧路ステーションデパート 売り上げ不振で閉店 7月末までに (北海道新聞)

JR釧路駅地下の商業施設「釧路ステーションデパート」を運営する釧路ステーションビル(釧路)は九日までに、会社を解散する方針を決め、株主に通知した。同デパートも七月末までに閉店する方向。

『北海道新聞』より引用

釧路駅使う時しか駅には入らないし、ステーションデパート内を通った事もここ10年ほど無いなぁ。あんまし駅の機能とは関係ないものしか売ってないんで、使うことも無いし。できれば普通の本屋に入って欲しいとこ(古本屋はあるけど)。荷物を持って信号渡って行くのも不便だし。

足寄の珍宝みこし

今年で20周年を迎えた足寄の冬の名物「珍宝みこしパレード」 (とかちナビ)

日本各地にこーゆー祭りがあるのですが、大体歴史に根ざしており、北海道には無いだろうと思っていたのですが、ありました。しかも足寄。どうかしてるよ!

足寄の珍宝みこし
足寄の珍宝みこし

正確には「フリーズランドinあしょろ」という祭りだそうです。この「御神体」は氷で出来ているようですね。寒いのに御輿の乗り手が褌一丁(女性はスパッツ&さらし)でがんばっております。詳しくはとかちナビのサイトで。

ex ElephantLogic30 [test]